航空宇宙・防衛機器

Industry Profile

航空宇宙・防衛機器

アルバータ州の航空宇宙・防衛産業の年間収入は13億ドルを超え、生産の40%が輸出向けです。

Industry Profile

航空宇宙・防衛機器

アルバータ州の航空宇宙・防衛産業の年間収入は13億ドルを超え、生産の40%が輸出向けです。

主な分野は以下のとおりです。

ロボット工学と無人機システム

  • アルバータ州には、カナダ無人機システムセンターがあります。
  • 州内には、70社以上の無人機システム企業が存在します。

軍事後方支援

アルバータ州には、カナダ国内で最も重要な軍事基地のうち以下の4つがあります。

  • 西部地上部隊と西部統合部隊の本部のあるCFB(Canadian Forces Base:カナダ軍基地)エドモントン
  • カナダの主力戦闘機訓練施設である第4航空団コールドレーク基地
  • カナダ陸軍エクセレンス訓練センターであるCFBウェインライト
  • 連邦内で最大の軍事訓練施設であるCFBサフィールド

防衛電子機器産業

  • 現在アルバータ州には防衛電子機器企業が12社あり、およそ1,200人の優秀な社員を雇用しています。

宇宙科学と航空宇宙・地理情報科学

  • アルバータ州内のアルバータ大学、カルガリー大学、レスブリッジ大学では、宇宙物理学、宇宙計測、画像、宇宙材料などの分野で州内の英知を結集し、カナダ国内でも比類のない優れた研究が行われています。
  • アルバータ州内の各大学には、国立カナダ自然科学工学研究評議会(Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada: NSERC)から拠出される宇宙科学研究資金の50%近くが提供されています。
  • アルバータ州内には、カナダの地理情報・ナビゲーション・位置調整システム企業の25%以上が存在します。

製造・整備・修理・点検(MMRO)

  • アルバータ州には、航空電子工学、機体、エンジン、装置・構成部品、内部改装、航空機塗装などを専門とする多くの企業があり、軍用および民間航空機の整備・修理・点検・改造サービスを行っています。
  • 航空宇宙製造業は、先端技術を駆使して、航空機の部品、エンジン、推進装置、その他の関連部品等、さまざまな製品を製

詳しくは Aerospace and Defence をご覧ください。